毛色別獲得賞金ランキング第2弾! 栗毛1位はテイエムオペラオー、栃栗毛と青毛のトップは?(SPAIA AI競馬)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:SPAIA AI競馬

駅から競馬場へ向かう通路を歩いているとヒーロー列伝コレクションのポスターが目に飛び込んでくる。改めて過去の作品を振り返ってみると、第7弾にこんなキャッチコピーを見つけた。「流星の貴公子」テンポイントである。私はリアルタイムで本馬を見た事が無い。しかし、当時のフィルム写真からもその栗毛の美しさは十分感じることが出来る。

競走馬は大きく8通りの毛色で分類される。前回の白毛・芦毛馬に続いて、今回は栗毛馬、栃栗毛馬そして青毛馬の総賞金ランキングを探ってみたい。

まず栗毛馬限定のベスト5を馬名、誕生年、戦績、総賞金の順で紹介していく。なお総賞金に関しては、海外賞金は概算で加算している。

第1位 テイエムオペラオー(1996年・26戦14勝・18億3518万)
第2位 オルフェーヴル(2008年・21戦12勝・15億7621万)
第3位 シュヴァルグラン(2012年・33戦7勝・11億3497万)
第4位 ダイワメジャー(2001年・28戦9勝・10億6181万)
第5位 エスポワールシチー(2005年・40戦17勝・10億2319万)

第1位はやはりと言っては何だが、「テイエムオペラオー」。特に世紀末2000年の圧倒的な強さは後世に語り継がれるものだった。G1、G2だけで8戦8勝。春先は京都記念、阪神大賞典、天皇賞(春)を快勝。特に阪神大賞典では1着馬テイエムオペラオー、2着馬ラスカルスズカ、3着馬ナリタトップロードの3強がそのまま上位を独占し、複勝及びワイド馬券のすべての配当が100円、つまり元返しとなり場内がどよめいたのを覚えている。

4戦目の宝塚記念はグラスワンダーとの戦いに注目が集まったが、残念ながらグラスワンダーがレース中に故障を発生し、2着に飛んできたのは当時まだ伏兵扱いのメイショウドトウだった。

秋は京都大賞典から始動しナリタトップロードとの斤量59kg対決を制してその後、天皇賞(秋)、ジャパンカップ、有馬記念と完全制覇。常に2着に突っ込んできたメイショウドトウとのライバル対決は今でも語り草となっている。

【広告】  漢方由来のヘアーケアー

防掉髪洗髪露(強靭配方)


・髪にツヤや元気がなくなってきたと感じる方に
・健康で美しい髪を維持したい方に

傷んだ髪用シャンプーです。
防掉髪護髪素(滋養修護)との併用がお勧め。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です