【ラグリパWest】連覇ではない、狙うは日本一。天理大学(ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン))

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン)

小松節夫に連覇への意気込みを聞いた。
「それはおこがましい。ウチは常やね」
 つね、とは?
「日本一ということ」

 シーズンを目前に控え、天理監督の心は、「また一から」。昨年度、早明などを破っての大学選手権初優勝はひとまず脇に置く。

 勇ましい言葉を使わない。そこにはチーム事情も絡む。

 優勝チームから9人が卒業で抜けた。学生の常である。CTBシオサイア・フィフィタは近鉄、HB団を形成したSH藤原忍はクボタ、SO松永拓朗は東芝にそれぞれ進んだ。

「いる時は、大きいな、なんて思わへんかったけど、おらへんようになったら、大きいな、って思うなあ」
 小松は正直である。

 9人の穴以外にもケガ人の多さがある。
「ベストメンバーで組めてないよね」
 NO8のアシペリ・モアラはヒザのじん帯損傷や肩の筋肉の肉離れに見舞われる。20歳以下日本代表の肩書を持つパワープレーの軸は、春から満足に練習ができていない。

 7月4日、関西のチームに対する大会連勝記録を43で止められる。6回目の春季トーナメントの決勝は同志社に19-35。最後の黒星は6年前だった。同じ同志社に関西リーグ最終戦で10-13。2015年12月5日だった。

 この43連勝の間、天理は2回引き分けている。1、2回目の春季トーナメント。京産大に19-19と近大に35-35。ただ、この大会に一軍を出し、真剣に勝敗を競い始めたのは4回目から。それまではチームによっては定期戦などの日程の重なりなどもあった。引き分けにはそういった背景もある。

 この同志社戦が天理の春の最終試合になる。夏合宿は2年ぶりにできた。8月17日から11日間を長野・菅平で過ごす。

 昨年はラグビー部寮でコロナのクラスターが発生。最終的に陽性者は62人にのぼり、夏合宿は中止された。今年は8月上旬、部でワクチン接種を終えて、菅平に登った。

 現地では3試合をして1勝2敗。流経大に50-0、明治に10-28、帝京に14-40。明治には連敗となる。6月20日、長野での招待試合は21-26だった。
「明治と帝京にはスクラムを押された。あんんなに押されたのは久しぶりやったね」
 小松はスクラムとブレイクダウンを勝利の両輪に挙げている。そのひとつが崩れる。組み合いで圧力を受ければ、その後のボールの争奪現場への到達も遅れる。

 スクラムを支えた左右のPR、谷口祐一郎と小鍛治悠太も卒業した。谷口はリコーへ小鍛治は松永と同じ東芝に行く。フロントローの経験不足は否めない。

 ただ、9人抜けはマイナスばかりではない。見方を変えれば新戦力を期待できる。SOに座るのは筒口允之(まこと)。長崎南山出身の1年生だ。小松は言う。
「上手な選手を選んだらこうなった」
 夏合宿の3試合ともに先発した。

 キックはすでに大学上位。高く、長い。パスも正確だ。
「体育教員志望、ラグビーのレベルの高さ、小さい選手でも使ってもらえる、ということなどを考えて進学を決めました」
 天理は体育学部を持つ。筒口が進路を決める高3になるまで、選手権決勝に2度進んでいた。

 筒口の身長は169センチ。大きな前例はクボタで社会人2年目となる岡山仙治(ひさのぶ)だった。岡山も168センチのFLながら、天理で主将をつとめ、日本代表の下のカテゴリーであるジュニア・ジャパンにも選ばれた。

 小松は話す。
「筒口は小さいだけ。上級生にも、ものおじしないところもいい。やっとこのレベルの選手が来てくれるようになった」
 強くなれば選手が集まる。

 天理の関西リーグの開幕戦は9月19日。選手権連覇の前にリーグ戦6連覇がある。達成されれば、同志社の9と12連覇(1976~1984年、1958~1969年)に次ぎ、リーグ3番目の長さになる。
「紙森君がいる近大とやね」
 小松が名前を挙げるのは紙森陽太。左PRとして2年連続でジュニア・ジャパン。否が応でもスクラムに意識が集まる。

 HOとしてスクラム前列で対峙するのは主将の佐藤康(こう)。帝京戦後に右肩を痛めたが、初戦には間に合う。昨年からのレギュラーの復帰はチームにとっても心強い。
「目標は日本一です」
 思いは小松と同じである。

 過去、選手権で連覇以上を成し遂げたのは5校。早稲田、同志社、明治、関東学院、帝京である。

 帝京ってすごいと思いませんか?
「そう思う」
 小松は当事者になり、9連覇のすさまじさを身をもって感じる。大会は46から54。年度は2009からだった。

 天理の創部は1925年(昭和元)。小松が日新製鋼で現役を辞め、生まれ育ったこの地に戻ったのが1993年。当時のチームは三部のCリーグに落ちていた。コーチを2年して、監督に。ここまで30年ほどを経る。

 一地方の奈良で努力を重ねる小松。指導者として連覇をする資格は持っている。

(文:鎮 勝也)

【広告】


週末を利用して何か新しい事に

チャレンジしてみては?

SUPやパラグライダーなどのアウトドア体験

ハーバリウムや陶芸体験などのインドア体験

まずは体験プログラムに参加してみよう。

体験プログラムから本格的に始めちゃうかも

体験プログラムであれば装備・道具の心配

もなく気軽に参加できますよ。

    ↓   ↓   ↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です