MJとコービーは13回、ダンカンが16回、歴代1位は誰だ?/MVP票獲得回数ランキング(バスケットボールキング)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:バスケットボールキング

6月9日(現地時間8日、日付は以下同)にNBAが発表した、2020-21レギュラーシーズンのMVP(最優秀選手賞)は、デンバー・ナゲッツのニコラ・ヨキッチが初受賞となった。

ドラフト2巡目指名からNBAのMVPとなったニコラ・ヨキッチが語る「最大の業績」とは?

 MVPの投票には1位票(10ポイント)から5位票(1ポイント)まであり、近年では101名のメディアと放送関係者による投票で合計ポイントを競い合うのだが、今季は計15名の選手がMVP票を獲得。

 最も価値のある1位票ではヨキッチが91票と他を圧倒。続いてステフィン・カリー(ゴールデンステイト・ウォリアーズ)が5票、クリス・ポール(フェニックス・サンズ)が2票、ジョエル・エンビード(フィラデルフィア・セブンティシクサーズ)、ヤニス・アデトクンボ(ミルウォーキー・バックス)、デリック・ローズ(ニューヨーク・ニックス)がそれぞれ1票を獲得している。

 そうした中、ロサンゼルス・レイカーズのレブロン・ジェームズが5位票を1つ獲得。これにより、レブロンはキャリア18シーズン全てでMVP票を獲得。『HoopsHype』によると、通算18度目のMVP票獲得はNBA史上最多となる快記録となった。

 同メディアへ10日に掲載された記事の中で、MVP票獲得回数のランキングが載っていたのでトップ10を紹介したい。
※以降チーム名は略称、カッコ内が実働シーズン

■『HoopsHype』によるMVP票獲得回数ランキング TOP10
1.レブロン・ジェームズ(レイカーズ):18回(18シーズン)
2.カリーム・アブドゥル・ジャバー(元レイカーズほか):17回(20シーズン)
3.ティム・ダンカン(元スパーズ):16回(19シーズン)
4.カール・マローン(元ジャズほか):15回(19シーズン)
5.シャキール・オニール(元レイカーズほか):14回(19シーズン)

6.マイケル・ジョーダン(元ブルズほか):13回(15シーズン)
7.アキーム・オラジュワン(元ロケッツほか):13回(18シーズン)
8.コービー・ブライアント(元レイカーズ):13回(20シーズン)
9.ラリー・バード(元セルティックス):12回(13シーズン)
-.アービン‟マジック”ジョンソン(元レイカーズ):12回(13シーズン)
-.ビル・ラッセル(元セルティックス):12回(13シーズン)

【広告】

ましきでんち

高いバッテリー交換とは、

もうオサラバしましょう!!

大量仕入れにて実現した格安提供☆

満充電の状態で着いたその日から使用可!!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です