【エプソムC】現5歳世代ヴェロックス、同期ダノンキングリーに続けるか 「復活を遂げた馬」といえば?(SPAIA AI競馬)

出典元:SPAIA AI競馬

先週の安田記念はドラマだった。断然人気に支持されたグランアレグリアが馬群でもがく中、大外に持ち出したダノンキングリーがナタの切れ味で伸び、4頭の叩き合いを制して優勝。前走の天皇賞(秋)で最下位に敗れた屈辱を見事に晴らし、三嶋牧場悲願の初G1制覇を飾った。21世紀初頭から安田記念で復活を果たした馬は多かったが、ダノンキングリーもその系譜に名を連ねることとなった

【エプソムカップ 2021予想】アルジャンナ、サトノフラッグら強豪4歳が集結 最も信頼できるのは?(SPAIA編)

現5歳世代はダノンキングリーに限らず、不思議と一時期不振に陥りながらも今年に入って復調気配を見せている馬が多い。香港G1を勝ったラヴズオンリーユー、4歳シーズンの大半を休養に充てたワールドプレミア、G1馬以外でもケイデンスコール、ディアンドル、今週の函館SSに出走するコントラチェックなど。昨年の高松宮記念で1位入線したクリノガウディーも現在2連勝中だ。

世代としての中央重賞勝利数も昨年の23に対して、今年は現時点で早くも19を数えている。前述したケイデンスコールやコントラチェックが復活勝利を人気薄で挙げているため、単勝回収率も124%に達する。振るわなかった昨年から「復活の5歳世代」と呼んでもいい。そんな現5歳世代の牡馬クラシック戦線を皆勤、全てで馬券に絡んだが、その後苦戦を強いられているヴェロックスがエプソムCに出走する。同期のバトンを受けての好走を期待したい。

今週のコラムでは「実績馬の復活」をテーマに、長らく不振にあえぎながら復活を果たした2頭を紹介していく。

【広告】

レ イ コ ッ プ

・レイコップだけの特許技術「光クリーンメカニズム」

・UV+たたき+吸引の3ステップで、

効果的にハウスダストが除去できる!

・ハウスダスト除去率は3分90%以上!

・実感できる楽しさ、よく見えダストボックス

・実際ハウスダスト取れてるの?… 

・一目でわかるダストボックスを採用!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です