【日本ダービー】エフフォーリア、サトノレイナスに黄信号で大波乱必至(SPAIA AI競馬)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:SPAIA AI競馬

皐月賞を優勝し、4戦4勝の無敗馬エフフォーリアが断然1番人気の様相だ。同馬は皐月賞で2着タイトルホルダーを3馬身の完勝を収めており、指数も中距離以上ではNO.1の「-21」を記録。自在に立ち回れる強さもある。ただ、2019年に皐月賞を優勝して4戦4勝のサートゥルナーリアが断然の1番人気を裏切り、日本ダービーで4着に沈んでいるように、歴史的に皐月賞で目一杯に走った馬は、日本ダービーでは余力がないことが多々ある。

【日本ダービー 2021予想】エフフォーリア2冠か、ライバルの逆襲か 世代の頂点を極めるのは?(SPAIA編)

エフフォーリアは休養明け、凡タイム決着となった共同通信杯を使い、本番の皐月賞で指数を大幅に上昇させた馬。その強さは認めても、今回それ以上の状態に持ってこられるかとなると疑問符が付く。同馬はノーザンファーム天栄から帰厩してから17日でレースを迎える。帰厩してから出走までの期間が短いだけならまだしも、この中間の追い切りが軽い点も気がかりだ。

私の目にはエフフォーリアがサートゥルナーリアのように映るが、他馬との能力差から、皐月賞ほどに走れなくとも上位入線という結果ならば、十分にあるだろう。2019年の皐月賞はサートゥルナーリア、ヴェロックス、ダノンキングリー大戦で3頭とも同じタイムの決着(つまり、同指数)だったが、今年はその年よりもエフフォーリアとその他の馬では能力差があるからだ。その点ではサートゥルナーリアよりも少しだけ評価できる。

【広告】



工事費無料で、

商品券最大15,000円もついてくる!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です