【目黒記念】ウインキートスの勝利によってよみがえる、メジロ牧場の血の物語とは(SPAIA AI競馬)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:SPAIA AI競馬

1980年代後半に活躍したメジロフルマーという牝馬がいる。父は70年代初頭にアイルランドなどで走ったイギリス産ロンバード、母メジロチェイサーはメジロの創始者・北野豊吉氏がフランスで購入したシェリルの2番仔にあたる。メジロチェイサーはのちにメジロライアンをこの世に送る。ロンバードとメジロチェイサーの仔メジロフルマーは88年、当時2月だった目黒記念と日経賞を男馬相手に連勝した。

【日本ダービー 2021予想】エフフォーリア2冠か、ライバルの逆襲か 世代の頂点を極めるのは?(SPAIA編)

その後、両レースを勝つ牝馬は現れなかった。そして2021年。日経賞をウインマリリンが、目黒記念をウインキートスが勝った。33年の空白を経て、メジロフルマーの名前はこうして令和の時代に現れた。

目黒記念を勝ったウインキートスの父はゴールドシップ。その母ポイントフラッグの父はメジロマックイーン。同馬の父メジロティターンは父メジロアサマ、母シェリル。メジロティターンはメジロフルマーの母メジロチェイサーの1歳年下の半弟。ウインキートスが目黒記念を勝ったことで、メジロ牧場の歴史を令和に引っ張り出したといえる。

余談だが、目黒記念と日本ダービーは同じ1932年創設。目黒記念は日本ダービーより一週間だけ早い。現在は日本ダービーのあとに行われているが、本来は先だったりする。

【広告】

あなたの切手、

あなたが満足する価格で買い取ります。

不要な切手の買い取りなら

がおすすめ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です