【AI予想回顧】断然人気のグランアレグリアは2着に惜敗 安田記念の予想は的中となったのか?(SPAIA AI競馬)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:SPAIA AI競馬

ダービーが終わり、2歳戦がスタートして夏競馬に突入。そうした中で春の連続G1開催を締めくくるレースである安田記念(G1・芝1600m)と鳴尾記念(G3・芝2000m)の2重賞が行われた。これらのレースでAI予想エンジンKAIBAの予想は的中となったのか、振り返っていく。

【安田記念 2021予想】グランアレグリア参戦のマイル頂上決戦!今回は女王危うし?(SPAIA編)

前走のヴィクトリアマイルを圧勝し、安田記念へと挑んできたグランアレグリアが断然の人気を集めた一戦。AIの本命もグランアレグリアだった。

いつもならスッと中団にポジションを取るグランアレグリアだったが、この日はスタートしてから位置取りを悪くして後方4番手のインからレースを進める。4角の時点でルメール騎手の手も動き始めて直線へ向くも、外に進路はなく馬群の中へと進路を求める。

残り100m、エンジン全開でインディチャンプを交わして先頭に立ったかと思ったが、大外から伸びたダノンキングリーにはアタマ差届かず2着。ヴィクトリアマイルを楽勝して挑んだ一戦だったが、奇しくも自身が昨年破ったアーモンドアイと同じ結果となってしまった。

ダノンキングリーはこれまで毎日王冠、中山記念とG2を2勝していたが、これが嬉しいG1初勝利。勝因としてあげられるのは、直線で外へ持ち出したところでグランアレグリアの進路をしっかりと塞いだ点だろう。川田騎手の見事なエスコートが光ったレースだったと言える。なお予想は3着シュネルマイスターは押さえていたが、勝ち馬が無印で的中とはならなかった。

【広告】

何か新しい事に

チャレンジしてみたら?

週末を利用して体験旅行はどうですか?

新しい趣味が見つかるかも。

旅行先での遊び や、

週末の おでかけ 先をお探しなら

日本最大級のレジャー総合情報サイト

にお任せ。

↓   ↓   ↓



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です