シクサーズが勝利し1勝1敗のタイに…ジャズはホームで先勝/NBAプレーオフ(バスケットボールキング)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:バスケットボールキング

6月9日(現地時間8日)、「NBAプレーオフ2021」の準決勝2試合が行われた。

ナゲッツのニコラ・ヨキッチがMVPを受賞「大きな成果だ」

 イースタン・カンファレンスでは、フィラデルフィア・セブンティシクサーズがアトランタ・ホークスとの第2戦に臨み、118-102で勝利を収めた。57-55と僅差で前半を終えるが、第4クォーターでディフェンスの強度を上げて相手を18点に抑える。その一方でエンビードやジョージ・ヒル、シェイク・ミルトンが着実に加点し、シリーズを1勝1敗のタイに戻した。エンビードが40得点13リバウンドと獅子奮迅の活躍を見せたほか、トバイアス・ハリスが22得点、セス・カリーが21得点を挙げ、勝利に貢献した。

 ウェスタン・カンファレンスでは、ユタ・ジャズがロサンゼルス・クリッパーズと対戦。前半終了時点で47-60とビハインドを背負う展開となったが、第3クォーターで相手を19点に抑えることに成功。79-79の同点で迎えた最終クォーターは、ジョーダン・クラークソンやボヤン・ボグダノビッチが3ポイントシュートを沈め、一時10点リードを奪う。試合終盤に反撃を喫し、3点差まで詰め寄られるものの、112-109で逃げ切った。ドノバン・ミッチェルが45得点でチームハイを記録し、クラークソンとボグダノビッチが18得点をマークした。

■試合結果
フィラデルフィア・セブンティシクサーズ 118-102 アトランタ・ホークス
ユタ・ジャズ 112-109 ロサンゼルス・クリッパーズ

【広告】

新会社でも作れる

法人ETCカードは

しかもスピード発行




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です