男子1万メートル代表内定の伊藤達彦 東京国際大時代の恩師・大志田秀次監督「勝負強さを信じていた」(スポーツ報知)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

◇陸上 日本選手権1万メートル兼東京五輪日本代表選手選考競技会 (3日、静岡・小笠山総合運動公園静岡スタジアム)

 男子1万メートルは2組に分かれて行われ、記録上位のA組で伊藤達彦(23)=ホンダ=が、27分33秒38で優勝し、五輪代表に内定した。昨年12月の日本選手権1万メートルで東京五輪参加標準記録(27分28秒00)を突破する27分25秒73で2位になった伊藤は、記録にかかわらず3位以内に入れば代表内定だった。伊藤は見事に勝ちきって、初の五輪代表となった。

 駒大の田沢廉(2年)が27分39秒21で2位。同じく駒大の鈴木芽吹(1年)が27分41秒68で3位と大健闘。大迫傑(早大、現ナイキ)が2013年にマークした27分38秒31の日本人学生記録に迫る同歴代2位、3位の好記録だった。今年の第97回箱根駅伝(1月2、3日)で13年ぶり7度目の優勝を果たした駒大が充実ぶりを見せつけた。

 昨年12月の日本選手権1万メートルで27分18秒75の日本記録で優勝した相沢晃(23)=旭化成=は、すでに代表内定している。

 伊藤の東京国際大時代の恩師、大志田秀次監督(58)はスタンドで教え子の激走を見守った。「2日前に『左膝が痛い』という報告がありました。序盤、2000メートルくらいまで不安がありました。しかし、いつも見せる苦しい表情が残り1000メートルまで出なかったので、まだ余裕を残している、と見ていました。達彦の勝負強さを信じていました」と感慨深い様子で話した。

 伊藤は東京国際大初の陸上五輪選手となる。2016年の箱根駅伝に初出場した新興校の東京国際大は20年大会で伊藤らの活躍で5位となり、初のシード権(10位以内)を獲得。今年も10位と踏ん張り、2年連続でシード権をキープした。「現役の学生選手に『君たちもできる』と言いたい。このレースで駒大の田沢君と鈴木君が2位、3位になった。同じ学生界で戦うべき相手は強いですが、立ち向かっていきたい」と大志田監督は、偉大な先輩の激走を刺激に、さらに高みを目指す意欲を示した。

 女子1万メートルは、広中璃梨佳(20)=日本郵政グループ=が東京五輪参加標準記録(31分25秒00)を突破する31分11秒72で優勝し、五輪代表に内定した。2位の安藤友香(27)=ワコール=も、標準記録を突破する31分18秒18で代表に内定した。昨年12月の日本選手権1万メートルで30分20秒44の日本新記録で優勝した新谷仁美(33)=積水化学=は、すでに代表内定済み。

身体の不調でお悩みの方へ漢方の「位元堂」

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です