【中日】右肘痛から復帰の梅津晃大が今季初登板 5回2安打1失点で降板も及第点(スポーツ報知)

出典元:スポーツ報知

◇JERAセ・リーグ 中日―DeNA(3日・バンテリンドーム)

 昨年8月に右肘の違和感で戦列離脱した中日・梅津晃大投手(24)が、今季1軍初登板。先発で5回を投げ、2安打3四死球、1失点(自責点0)、4奪三振で復帰戦を終えた。

 150キロ超の快速球とスライダーを主武器に、初回は3人で片付け、2回は三塁に走者を置きながら無失点に抑えた。しかし3回、二塁手・高松の失策と四球から1死二、三塁のピンチを迎え、オースティンの二ゴロの間に1点を失った。

 それでも5回、81球を投げてゲームメイクは果たした。5回の攻撃で代打を送られたが、故障明けとしては及第点の内容。昨年8月2日のヤクルト戦で延長10回を1人で投げ切り、スコアレスドローになったのを最後に1軍のマウンドから姿を消した梅津。今季から期待込みで背番号18を背負った本格派右腕の次回登板に期待がかかる。

【広告】

娘が弾いていたピアノ。

私が弾けたらなー・・・

お任せください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です