14歳のスーパー中学生・玉井陸斗「絶対に決めてやると思った」 ラスト1本で五輪“当確”…飛び込みW杯(スポーツ報知)

出典元:スポーツ報知

◆飛び込み ▽W杯東京大会兼東京五輪最終予選 第3日(3日、東京アクアティクスセンター) 

 男子高飛び込み予選が行われ、中学3年の玉井陸斗(14)=JSS宝塚=が合計405・20点の15位に入り、18人による準決勝に進出し、東京五輪代表の座に事実上の当確ランプをともした。日本水連の定める選考基準では、今大会で個人種目18位以内に入れば代表権を得るため、準決勝で順位が確定した段階で、代表に内定する。玉井は一時、24位と準決勝進出圏外にいながら、ラスト1本で91・80点の高得点を出して、15位まで浮上した。

 劇的な展開で五輪“当確”を決め、「うれしいのと、もっと自分のレベルを上げないとな、と思う。(最後の1本は)絶対に決めてやると思った」と、安堵(あんど)の表情を浮かべた。

 玉井は19年4月の日本室内選手権でシニアデビューし、高飛び込みで12歳7か月10日で史上最年少優勝。日本選手権での最年少2冠など、数々の記録を打ち立ててきた。

 昨年東京五輪が開かれていれば、13歳10か月という日本男子史上最年少出場の可能性があったが、延期により更新はお預け。それでも14歳10か月での出場は歴代最年少の1932年ロス五輪・北村久寿雄(競泳)と約3週間しか違わない、立派な記録だ。

 デビュー戦当時より身長は8センチ、体重も10キロアップ。「今のところは筋肉がついたことによってジャンプの高さだったり、宙返りのスピードを保つことができて、むしろ前よりもいい方向に向かってきている。延期はプラスです」。昨年12月に左肘を痛めた影響もあり、1日に20~30本は飛んでいた高飛び込みは、多くても6本程度に抑えている。そのぶん、板飛び込みなどで技術の精度を高めてきた。

 日本勢の五輪の高飛び込みの最高位は、JSS宝塚の大先輩である寺内健がシドニー大会でマークした5位。目標とする550点に届けば、メダル争いの夢も膨らむ。

 ◆玉井 陸斗(たまい・りくと)2006年9月11日、兵庫・宝塚市生まれ。14歳。3歳から水泳を始め、小学1年の時に1964年東京五輪飛び込み代表の馬淵かの子コーチの誘いで競技に取り組む。小学5年からは日本代表の馬淵崇英ヘッドコーチに指導を受ける。19年4月の日本室内選手権で史上最年少優勝。昨年9月の日本選手権では最年少で高飛び込み、板飛び込みの2冠を達成。155センチ、51キロ。好きな食べ物は牛タン。好きな女性タレントは広瀬すず、西野七瀬。

 ◇日本人の最年少五輪代表

 ▽夏季 競泳の竹本ゆかりが13歳6か月で68年メキシコ市大会に出場し、女子100メートル、200メートル平泳ぎで予選敗退。女子平泳ぎの長崎宏子は11歳0か月で80年モスクワ大会代表に選ばれたが、日本が選手派遣を中止で幻となった。男子では32年ロサンゼルス大会の競泳1500メートル自由形に14歳10か月3日で出場し、金メダルも獲得した北村久寿雄(くすお)が最年少。

【広告】

ましきでんち

高いバッテリー交換とは、

もうオサラバしましょう!!

大量仕入れにて実現した格安提供☆

満充電の状態で着いたその日から使用可!!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です