まさかの予選敗退の内村航平「土下座して謝りたい」4度目の五輪終了(スポーツ報知)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:スポーツ報知

◆東京五輪 体操(24日・有明体操競技場)

 男子予選が行われ、種目別鉄棒に絞って出場の内村航平(ジョイカル)は、ひねり技でまさかの落下。13・866点で予選敗退が決まった。日本人4番手となり、内村の4度目の五輪挑戦は、まさかの終わりを告げた。

 戦いを終えた内村は、悔しい表情を浮かべたが冷静に振り返った。開口一番、「(代表選考で戦った)米倉に土下座して謝りたい。そんな気持ちです」。そして、「(心)ここにあらずで演技を見ていた。体操するのはもういいかなと思ってしまった。後輩たちに伝えていく立場(になる)」と正直な気持ちを語った。

 映像などで演技を見届けているファンに対して、改めて「土下座しますよ!」と話した内村。「もう僕は主役じゃない。主役は団体4人と亀山。僕は五輪2連覇してるけど過去のこと。彼らが超えていかないといけない。それを見せてもらった」と話した。

 種目別鉄棒の決勝は8月3日に行われる予定。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です