橋田壽賀子さん8日納骨…両親が眠る愛媛・今治に(スポーツ報知)

4日に急性リンパ腫のため亡くなった脚本家の橋田壽賀子さん(享年95)の納骨が、8日に執り行われることが7日、分かった。

 関係者によると、両親が眠る愛媛・今治市内の墓に埋葬される。橋田さんは生前、この墓に埋葬されることを希望しており、橋田文化財団も「その方向で進めています」とした。

 また同財団は「今まで通り続けます。故人の遺志? もちろんそうです」と今後も存続することを明かした。新進脚本家らの育成を目的に設立され、放送文化に大きく貢献した番組や人物を表彰する「橋田賞」を93年から運営している。

 また「渡る世間は鬼ばかり」シリーズを放送してきたTBSは特別番組の放送を検討していることが分かった。「近いうちに発表できるように進めています」としている。NHKは橋田さんが脚本を執筆した連続テレビ小説「おしん」総集編を再編集した「橋田壽賀子さんをしのんで~『おしん』を振り返る」(仮)を25日に放送すると発表している。

【広告】

体臭・口臭にお困りの方!   

多数のメディアで話題の消臭サプリ

                                   もう気にならない!!

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です