里見香奈女流名人、振り袖姿で12連覇就位式「苦しみながら研究し、対局日は楽しんで指せた」(スポーツ報知)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:スポーツ報知

将棋の第47期岡田美術館杯女流名人戦(主催=報知新聞社・日本将棋連盟、特別協賛=(株)ユニバーサルエンターテインメント)で12連覇を達成した里見香奈女流名人(29)の就位式・祝賀パーティーが7日、東京都港区のザ・プリンスパークタワー東京で行われた。

 黒を基調とした壮麗な振り袖姿の里見女流名人は「この着物のような『強さ』を手に入れられるよう、明日から頑張ってまいります」と謝辞。初挑戦の加藤桃子女流三段(26)を3連勝で退け、歴代1位タイのタイトル獲得通算43期としたシリーズを「苦しみながら研究し、対局日は楽しんで指せたことが結果につながりました」と振り返った。花束を贈呈したゲストの羽生善治九段(50)は「干支(えと)が一周したわけですからね…。今後も女流棋界を牽引(けんいん)するトップランナーとして全体のレベルを上げてほしいです」。

 全7タイトルを分け合う西山朋佳女流三冠(25)が1日付で奨励会を退会し、女流棋士に転向。今後は全棋戦で覇権を争う。「西山さんは強敵なので厳しい戦いになりますけど、人より自分と向き合いたいです。奨励会と女流の両立は気力・体力ともに大変だったと思うので少しでも体を休めてほしいです」。同じ道を歩んだ先駆者だからこそ、ライバルに励ましの言葉を贈った。(北野 新太)

【広告】

レイコップ

・レイコップだけの特許技術「光クリーンメカニズム」
・UV+たたき+吸引の3ステップで、効果的にハウスダストが除去できる!
・ハウスダスト除去率は3分90%以上!
・実感できる楽しさ、よく見えダストボックス
・実際ハウスダスト取れてるの?… 一目でわかるダストボックスを採用!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です