【全国ミニバス2021】コート内外で“全員バスケ”を貫いた!(月刊バレーボール&月刊バスケットボール)

出典元:月刊バレーボール&月刊バスケットボール

代々木第一、第二体育館で開催されている第52回全国ミニバス大会は3日目を迎えた。今日から2日間は男子の試合が行われている。

【全国ミニバス2021】大会3日目フォトギャラリー

 高知県代表として、7年ぶりの出場を果たしたのが横浜フェニックスクラブ。昨シーズンは6年生が一人もおらず、2年間同じメンバーで何度も悔しい思いを味わってきたことが躍進につながった。激しいディフェンスから素早いトランジションゲームを展開し、キャプテンの#4竹崎瑞樹を起点にしながら、誰か一人に頼らない多彩なオフェンスを仕掛けるのが持ち味だ。

 その中で、ディフェンスの要となるのが#5今西逢斗。今西 司コーチの4男で、上の兄3人はいずれも県予選の決勝で敗れて全国出場を逃してきたが、4人目にしてようやくの悲願達成となった。「全国に出られてうれしかったです。兄たちにも『おめでとう』と言われました」と今西。

 ただその県予選後、チームをアクシデントが襲う。主力メンバーの一人である#6川越遼大がケガで全国大会に出場できないことになったのだ。今西コーチが「ボールへの執着心があり、ドライブのテクニックがある。うちのエース級の選手の一人」と高く評価する川越の離脱はチームにとって大きな痛手だった。

 ただ川越は、出られないと決まったときのことを「最悪だなと思いました」と振り返るが、その後は気持ちを切り替え、チームのムードメーカーとして明るく仲間に声をかけ続けた。「応援などを頑張って、一つでも多く勝てるようにサポートしたいなと。みんなを元気付けたり、アドバイスしたりすることを心掛けました」と言う。

 そうした川越のベンチでのサポートもあり、コート内外で“全員バスケ”を貫いた横浜フェニックスクラブは、鞍月ソルジャーズ(石川)との初戦に43-36で勝利。明日の残り2試合も、悔いなく戦いたいところだ。

※全国ミニバス大会の模様は4月24日発売の月刊バスケットボール6月号で!

【広告】

おいしく・楽しく

健康的にダイエット

↓   ↓   ↓

【カロセーブ】で置き換えダイエット!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です