【大阪杯】コースデータに完璧に符合するレイパパレ 東大HCが阪神芝2000mを徹底検証(SPAIA AI競馬)

出典元:SPAIA AI競馬

今週は阪神芝2000mを舞台にG1・大阪杯が行われる。何といっても注目は昨年の三冠馬コントレイルと最優秀短距離馬グランアレグリアの対決。王道路線で強さを誇示してきた牡馬と現役最速の名をほしいままにしてきた牝馬が仁川で激突する。昨年のジャパンCにこそ劣るものの、数年に一度といっていいレベルの楽しみなカードだ。脇を固める実力馬サリオス、5戦5勝レイパパレなども虎視眈々とタイトルを狙う。

【大阪杯 2021予想】コントレイルvsグランアレグリア データで見る2000m最強はどっちだ!(SPAIA編)

当該コースの重賞は4レース。春の中距離王決定戦として2017年よりG1に昇格した大阪杯、JRAの番組で3歳が古馬と対決する最初の重賞・鳴尾記念、極めて難解な牝馬ハンデ重賞のマーメイドS、年末開催の口火を切るチャレンジCが行われる。なお京都競馬場改修工事に伴う開催の変更に伴い、今年は鳴尾記念が中京芝2000mでの施行、G1・秋華賞とG3・京都2歳Sが阪神芝2000mでの開催となる(使用するデータは2011年4月2日~2021年3月28日)。

まずはコース形態。内回りコースが舞台で、コースの起伏は至ってシンプル。スタート直後に高低差約2mの上り坂。そのあとはバックストレッチ中盤まで800m程度平坦な道となっている。向正面半ほどから3コーナー、4コーナー、そして直線、ゴールまで200mの地点まで非常に緩やかな下りを進み、ここから再び坂を駆け上がる。

【広告】

あなたの切手、

あなたが満足する価格で買い取ります。

不要な切手の買い取りなら

がおすすめ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です