【大阪杯】ポイントは「スローペース」「先行」「持続力」 東大HCはコントレイルに太鼓判(SPAIA AI競馬)

出典元:SPAIA AI競馬

4月4日(日)に阪神競馬場で行われる大阪杯(G1・芝2000m)。春の古馬・中距離王決定戦にG1馬5頭を含む13頭が集結した。無敗のまま牡馬三冠を達成しこれが今年初戦となるコントレイルや昨年の最優秀短距離馬に選出されたグランアレグリアなど、輝かしい実績を持つ馬が参戦。現役最強クラスのメンバーが揃う楽しみな一戦となった。

【大阪杯 2021予想】コントレイルvsグランアレグリア データで見る2000m最強はどっちだ!(SPAIA編)

さらに、昨年春のクラシックでコントレイルと競り合ったサリオスや、無敗のまま重賞を制覇したレイパパレなどの現4歳世代の筆頭格も出走予定。コントレイルとグランアレグリアの2強との見方が強いが、この2頭は素直に信頼してよいのか。またこの2頭を負かすことができる馬はいるのか。今週もデータを踏まえて検討しよう。

まず、当該レースにおける過去10年の傾向を分析する(2016年以前のG2時代含む)。

過去10年で前半5Fが60秒を切ったのはわずかに2回のみ。スタートしてすぐに坂を上ることもあってか前半は緩い流れで進む。後半は直線が相対的に短い内回りというコース形態のためか、ラスト5Fからゴール前の坂にかかるまで徐々に加速していくラップ構成となっている。スローペースになりやすいとはいえ、ラスト3Fでの勝負に強い瞬発力が持ち味の馬よりも、持続力に秀でた馬に分があるといえる。

位置取りでは、馬券に絡んだ馬のうち半数が4角で4番手以内であったように、前々で運ぶ馬が好走する傾向にある。特にG1昇格後(17年以降)はこの傾向が顕著で、連対馬8頭のうち6頭がこれに該当している。また、近8年で6番人気以下から馬券に絡んだ5頭のうち4頭は先行していた。

過去10年の馬連平均配当金額が2760円と荒れにくいレースではあるものの、人気薄で狙うなら先行馬ということになるだろう。対照的に後方待機勢は昔こそショウナンマイティやオルフェーヴルが好走していたものの、近年では入着がやっとといった不調ぶり。割り引いて考えたい。

【広告】

日本最大級のビデオオンデマンド

無料トライアル実施中!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です