【レビュー:ISU世界フィギュアスケート選手権2021 男子シングル】 羽生結弦の首位発進とネイサン・チェンの逆転劇、そこに食い込んだのは17歳の鍵山優真 北京五輪シーズンの激戦を予感させる一戦(J SPORTS)

出典元:J SPORTS

羽生結弦とネイサン・チェンの一騎打ちが予想された男子シングルは、最後の最後まで固唾を呑む展開となった。羽生の首位発進とネイサンの逆転劇。そこに食い込んだのは17歳の鍵山優真、そして宇野昌磨はメダリストの背後に迫る4位。北京五輪シーズンの激戦を予感させる一戦となった。

【広告】

奇跡の出会いから生まれた

【出雲抹茶専門店 桃翠園】





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です