西武、D6位・ブランドンが先制弾 対外試合でもチーム1号(サンケイスポーツ)

これなら出来る

書かないアフィリエイト?!

MyLabo

My Labo新規獲得キャンペーン

 

 

 

 

 

出典元:サンケイスポーツ

(練習試合、ソフトバンク-西武、23日、アイビースタジアム)西武のドラフト6位、タイシンガー・ブランドン大河内野手(22)=東農大北海道オホーツク=が「8番・三塁」で先発出場し、二回無死二塁から先制の左越え2ランを放った。

 「打ったのはストレートです。ちょっと詰まりましたね。真芯ではなかったと思います。ただ、あの場面は真っすぐにタイミングを合わせて打席に立ちました。良いバッティングができたと思います」

 カウント1ストライクから、ソフトバンク・杉山の146キロを左翼席に運んだ。ブランドンは宮崎・南郷キャンプでも、初のシート打撃で“チーム1号”。正三塁手候補の中村が左ふくらはぎの違和感から調整が遅れているだけに、再び長打力でアピールした。

 「7番・左翼」で先発したD4位・若林(駒大)も二回の第1打席に左前打で出塁し、ブランドンの本塁打で生還。新人コンビが存在感を発揮した。

【広告】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です