PS球界最年長は元気です 中日・福留が古巣復帰後初安打を含む2安打2打点(スポニチアネックス)

出典元:スポニチアネックス

◇2軍練習試合 中日7ー3DeNA(2021年2月22日 読谷球場)

 通算5打席目で「H」ランプをともした。球界最年長の中日・福留が2軍の練習試合・DeNA戦(読谷)に「5番DH」で先発。古巣復帰初安打を含む2打数2安打2打点で健在ぶりを示した。

 「(ヒットが)出ないより、出るに越したことはない。自分のスイングがしっかりできたので良かった」

 狙い通りの一打だった。初回2死三塁、20歳の右腕・宮城の初球真っすぐを振り抜いた一打は痛烈なゴロで二遊間を抜ける中前適時打。「初球を仕留められる準備を意識している」。実戦初出場だった20日の阪神戦ではファウルとなった第1打席の初球をこの日も強振。ファーストスイングから全力で振ることでタイミングや相手投手との間合いをつかむことを心がける。

 3回1死一、二塁では宮城から初の長打となる右越え適時二塁打。キャンプ中の実戦は「自分のやっていることを試す場所」と位置づけながらも「その中で動けるというのを見せていかないといけない」と内容だけでなく結果でもアピールを忘れなかった。

 2軍は26日でキャンプを打ち上げるが、1軍は沖縄で27、28両日に練習試合が予定される。当然、1軍合流かと思われたが、視察に訪れた与田監督は「試合があるのでサバイバルになる」と明言。大ベテランでも特権はないとした。「1軍に呼んでいただいた時に自分ができるという準備をしていくだけ」と福留。開幕1軍、外野の定位置確保に向け、43歳はさらなる結果を求めていく。(徳原 麗奈)

【広告】



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です