石田星空、日テレ「35歳の少女」終盤のキーパーソンで登場(サンケイスポーツ)

これなら出来る

書かないアフィリエイト?!

MyLabo

My Labo新規獲得キャンペーン

 

 

 

 

 

出典元:サンケイスポーツ

27日に最終回を迎えたNHK連続テレビ小説「エール」で主人公・古山裕一(窪田正孝)の幼少期を演じて話題を呼んだ子役、石田星空(せら、11)が日本テレビ系「35歳の少女」(土曜後10・0)に第8話(28日)から出演することが27日、分かった。

 ドラマは柴咲コウ(39)演じる10歳で事故に遭い、25年の眠りから覚めた35歳を描く。

 第8話では主人公・望美の初恋相手で俳優、坂口健太郎(29)ふんする結人(ゆうと)が教職に復帰。石田は結人の生徒役で、彼のトラウマを克服するためのキーパーソンとして、いじめで不登校になる男子生徒を演じる。最終回まで登場する。 

 「エール」の子役ではほかに、主人公の幼馴染・村野鉄男(中村蒼)の子供時代を演じ、イケメン子役として話題を呼んだ込江大牙(こみえ・たいが、11)が結人の子供時代で登場している。

 「35歳の少女」の子供時代の結人役のオーディションで最終まで残ったのが、込江と石田だったという。雰囲気が坂口に似ていることから最終的に込江が選ばれたが、制作側は石田の起用を熱望し今回の配役となった。

 また第8話には望美の子供時代を演じる鎌田英怜奈(11)が柴咲との初共演シーンがあるという。子役たちの熱演に注目だ。

【広告】

市場最安級の月額料金3,609円で使えて、

最大32,000円キャッシュバック! 

市場最強にお得なWiMAX2+はこちら




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です