朝ドラ「エール」最終回、出演者のコンサートにSNSで「アンコール」を求める大反響「時間が足りないので、完全版の放送を期待しています!!」(スポーツ報知)

これなら出来る

書かないアフィリエイト?!

MyLabo

My Labo新規獲得キャンペーン

 

 

 

 

 

出典元:スポーツ報知

俳優・窪田正孝が主演のNHK連続テレビ小説「エール」(月~土曜・前8時)が27日、最終回となる第120話の放送を終えた。

 「エール」は昭和の音楽史を代表する作曲家・古関裕而さんと、妻で歌手としても活躍した金子氏をモデルにした夫婦の物語。新型コロナウイルス感染拡大の影響で約2か月半の撮影休止期間もあったが、10月29日に無事クランクアップ。放送も約2か月半休止し、当初の予定から10話少ない120話で完結した。

 最終回は東京・渋谷のNHKホールから、コンサート形式で古関裕而さんの名曲の数々を放送した。放送後、番組公式ツイッターでは「今日は#エールコンサート 裕一のモデルとなった#古関裕而さんが生み出した数々の名曲を、キャストの皆さんが披露しました」とつづった。

 フォロワーからは「1時間バージョンお願いします」。「素晴らしかったです!ずっと見ていたかった」。「裕一と音、二人で大きいホールに立てましたね!あーめっちゃロスです」。「素晴らしかったです。ありがとうございました。やっぱり時間が足りないので、完全版の放送を期待しています!!」。「お疲れ様でした!!もっと聞きたい!!」。「ブラボー!!アンコーール♪あの人もこの人も、総出演で嬉しかったー」。「とっても素晴らしかったです でも、15分ではもったいない!ぜひフルコーラスで特番をお願いします」。「紅白出て欲しかったな」。「是非アンコールを」などコンサートのアンコールを願う書き込みが集中していた。

【広告】

カー用品【ユアーズ直販サイト】

超簡単取り付け一体型HIDキット新発売

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です