【中日】先発・勝野昌慶、阪神・大山にリーグ単独トップ弾浴びるも2失点で4勝目(テレビ東京スポーツ)

出典元:テレビ東京スポーツ

<10月13日 中日 4-2 阪神 @ナゴヤドーム>

前日、102日ぶりに勝率5割へ復帰した中日。
しかし初回、先発・勝野昌慶(23)が阪神・大山悠輔(25)にリーグ単独トップとなる26号ツーランを浴び、先制を許す。

それでもその直後、1点を返し4番・ビシエド(31)。頼れる主砲が右中間を破る同点タイムリーを放つ。試合を振り出しに戻すと5回には再び、ビシエドが新型コロナウイルス感染から復帰したばかりの岩貞祐太(29)を捉え、この日2打点目を挙げた。中日は、114日ぶりの貯金生活となった。

【広告】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です