【東京4R・2歳新馬】1番人気シーオブドリームスがV…津村「これからが楽しみ」(スポーツ報知)

出典元:スポーツ報知

10月17日の東京4R・2歳新馬(ダート1400メートル=16頭立て)は、1番人気のシーオブドリームス(牝、美浦・矢野英一厩舎、父ホッコータルマエ)が最後の直線で抜け出し、2着に5馬身差をつけて勝利を飾った。勝ち時計は1分26秒7。

 道中は「先々を考えたら、逃げるという手は打ちたくなかった」(矢野調教師)というプラン通りに5番手の内を追走。最内枠だけに逃げることもできたが、今後を考えてあえて内で砂をかぶせた。最後の直線では鋭い伸び脚を見せ、上がり3ハロンは37秒1をマークして2着以下をちぎった。

 次走は未定。「最後までしっかり伸びているし、ちゅうちょなく馬群を割って来られた。性格がいい馬なので、これからが楽しみ」と、津村明秀騎手も会心の勝利に笑みを浮かべた。

【広告】

<宝島社ストア>雑誌×ブランドコラボiPhoneケース

 

人気ブランドとコラボした

iPhoneケースを販売中

 宝島社ストアだけの限定デザイン

 



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です