【甲子園】加藤学園が甲子園初勝利!先発右腕の肥沼竣が好投、杉山のランニング2ランで突き放す(スポーツ報知)

これなら出来る

書かないアフィリエイト?!

MyLabo

My Labo新規獲得キャンペーン

 

 

 

 

 

出典元:スポーツ報知アクセスランキング(野球)雑誌アクセスランキング(スポーツ)トップ速報ライブ個人特集みんなの意見ランキング有料RSSニュース提供社プライバシー利用情報について利用規約メディアステートメント記事掲載ポリシー著作権特定商取引法の表示ご意見・ご要望ヘルプ・お問い合わせ

◆2020年甲子園高校野球交流試合第3日(12日) ▽第2試合 加藤学園3―1鹿児島城西

 静岡の加藤学園が甲子園初勝利を飾った。

 ダイエー(現ソフトバンク)や西武で活躍した佐々木誠監督(54)が指揮を執る鹿児島城西と、昨秋の東海大会で4強入りして春夏通じて初めての甲子園出場切符を手にしていた加藤学園の対決。鹿児島城西は鹿児島の代替大会は準々決勝敗退、加藤学園は静岡の代替大会で1回戦敗退と本来の実力を発揮できなかったが、甲子園では両校エースによる要所を締める投げ合いで静かに立ち上がった。

 鹿児島城西は4回、古市の右前打などで2死二塁。ここで原田は中前打を放ったが、加藤学園・佐野の好返球によって、古市が本塁で刺されて得点できなかった。

 鹿児島城西は6回も好機を作る。板敷の左前打、八方の死球などで2死一、二塁。ここで加藤学園の勝又が足を治療するため、ベンチへ。猛暑ということもあり、このタイミングで両チームの選手も一度、ベンチに戻り、給水などを行った。試合が再開されたが、古市は中飛。得点機を逸した。

 均衡を破ったのは加藤学園だった。6回1死から、1年生で俊足の太田が左翼へ二塁打。2死後、大村が中前適時打。二塁走者の太田が懸命に走って生還し、1点を先制した。

 ピンチをしのいで、その後に援護点をもらった加藤学園の肥沼は7回からギアを上げた。180センチ、82キロとバランスのいい体格から、よくしなる右腕で2年生捕手の雨宮のミットをめがけて球を投げ込んだ。8回には杉山の右中間を破るランニング本塁打で2点を追加。9回に1点を返されたものの、チーム一丸となって、甲子園初勝利をつかんだ。

【広告】

娘が弾いていたピアノ。

私が弾けたらなー・・・

お任せください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です