エンゼルス・大谷翔平が3試合連続マルチ安打! 2、3打席目に連続右安(スポーツ報知)

出典元:スポーツ報知アクセスランキング(野球)雑誌アクセスランキング(スポーツ)トップ速報ライブ個人特集みんなの意見ランキング有料RSSニュース提供社プライバシー利用情報について利用規約メディアステートメント記事掲載ポリシー著作権特定商取引法の表示ご意見・ご要望ヘルプ・お問い合わせ

◆メジャーリーグ エンゼルス―アスレチックス(11日、アナハイム・エンゼルスタジアム)

 エンゼルス・大谷翔平投手(26)が11日(日本時間12日)、本拠地・アスレチックス戦に「5番・指名打者」でスタメン出場。2、3打席目に連続で右前安打を放ち、3試合連続のマルチ安打とした。

 1本目は1点リードの4回無死で迎えた2打席目。先発右腕・ファイアーズのフルカウントからの7球目を捉えた。。外角の83マイル(約133・6キロ)チェンジアップにうまく反応。一、二塁間をゴロで破り、右前安打とした。

 2本目は5点リードの5回1死。2番手右腕のメングデンに2ストライクと追い込まれながら、3球目をはじき返して、二塁手のグラブをはじく右前安打を放った。さらには今季2個目の盗塁となる二盗も決めて見せた。

 調子は上向きだ。6~8日(同7~9日)には11打席連続無安打と当たりが止まっていたが、直近2試合ではともにマルチ安打。特に前日の10日(同11日)には、左腕から今季14打席目で初安打となる右翼線二塁打を放つと、4試合ぶりの4号同点2ランも放った。日本人メジャーリーガー通算600号という節目の一発は、米通算44本塁打で日本人歴代4位の現ロッテ監督の井口資仁(元Wソックスなど)に並び、最大5点差をひっくり返す、大逆転勝利につなげた。

 前夜の試合後にはオンライン会見に応じ「きのう(9日=同10日)から状態はいいかなという感じ。ちょっとずつですけど、いいかなというのは感じていた」と手応えを口にしていた。トラウト、レンドンとのクリーンアップ本塁打そろい踏みで、9連勝中だった首位・アスレチックスに5点差を逆転して勝ったことで、「あしたが大事なのかなと思うので継続的に頑張りたいなと思っています」と気を引き締め直していた。

【広告】

レ イ コ ッ プ

・レイコップだけの特許技術「光クリーンメカニズム」

・UV+たたき+吸引の3ステップで、

効果的にハウスダストが除去できる!

・ハウスダスト除去率は3分90%以上!

・実感できる楽しさ、よく見えダストボックス

・実際ハウスダスト取れてるの?… 

・一目でわかるダストボックスを採用!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です