17歳で世界一になった白井健三が将棋・藤井聡太七段にエール「今の気持ちを忘れないように」(スポーツ報知)

出典元:スポーツ報知

2016年リオ五輪体操男子団体金メダルの白井健三(23)=日体大大学院=が17日、横浜市の日体大・健志台キャンパスで取材に応じ、新型コロナウイルスの影響で1年延期となった東京五輪について「今年だったら厳しかったと思う。去年一年で狂った歯車を整える時間をもらった」と話した。

 自粛期間は大学の体操競技場が使用できず、実家へ帰省。かつて通っていた鶴見ジュニアクラブで高校まで指導を受けていた恩師に練習を見てもらい、「基礎にこだわって練習をした。(ここから)ギアを上げる準備がすごくできたと思う」と充実の表情を浮かべた。

 白井は2013年世界選手権の床運動で史上最年少の金メダルを獲得した。当時、17歳だった。16日には将棋の藤井聡太七段が17歳11か月の史上最年少で初タイトルを獲得。若くして偉業を達成することに自身も経験を踏まえながら、「きっと若さで偉業を成し遂げるのは、しようと思って、成し遂げているわけではない。僕だったら体操が好きで、延長線上にあった結果だと思う。『結果を出さないと』という考えに年齢を重ねていくごとになっていくと思う。今の気持ちを忘れないように、ということが大切。僕だったら体操ですけど、そのものを好きでいること。結果は好きでいるあとについてくるもの」とエールを送った。

【広告】

おいしく・楽しく

健康的にダイエット

↓   ↓   ↓

【カロセーブ】で置き換えダイエット!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です