【エクリプスS】ディアドラは5着 次走未定も最大目標は凱旋門賞(サンケイスポーツ)

出典元:サンケイスポーツ

【ロンドン5日】エクリプスSが、サンダウン競馬場で行われ、2番人気のガイヤース(英=C・アップルビー、牡5)が逃げ切り、GI3勝目を挙げた。日本馬で4番人気のディアドラ(栗・橋田、牝6)は、3番手を進んだが5着。昨年の勝ち馬で、1番人気のエネイブル(英=J・ゴスデン、牝6)は2着だった。

 日本のディアドラは5着に敗れた。ガイヤース、ジャパンに続く3番手を追走。リズム良く運んだが、直線は伸び切れず、昨年の英GI・ナッソーSに続く欧州GI2勝目はならなかった。

 「道中のペースは、ちょうどいいぐらい。今回は久しぶりでもあったので、次はもっと良くなると思います」とマーフィー騎手は回顧する。

 橋田調教師は「間隔が開くと少し反応が鈍くなるところがあり、ガイヤース、エネイブルが動いた時に置いていかれ、それが着差に出てしまいました」と分析を加えた。

 最大目標は凱旋門賞(10月4日、パリロンシャン、仏GI、芝2400メートル)で、タタソールズゴールドC(26日、カラ、愛GI、芝2000メートル)、アイリッシュチャンピオンS(9月12日、愛GI、レパーズタウン、芝2000メートル)に登録を済ませている。

 「今日のメンバーは凱旋門賞でも多分上位にくるので、もう少し着差を詰められれば可能性も出てくると思います。次走はどこを使うかは、まだ決まっていません」と師は語った。

【広告】

カー用品【ユアーズ直販サイト】

超簡単取り付け一体型HIDキット新発売

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です