【岩手】宮古商工が統合1勝…4月は校舎ごとの練習を余儀なくされた(スポーツ報知)

出典元:スポーツ報知

◆高校野球 岩手代替大会 ▽沿岸北地区代表決定戦 宮古商工6―1岩泉(1日・宮古運動公園野球場)

 第102回全国高校野球選手権地方大会中止にともなう全国の代替大会のトップとして、岩手の地区予選が開幕した。宮古商と宮古工が統合して今春誕生した宮古商工は、岩泉に6―1で勝って初陣1勝を挙げた。

 真新しいユニホームに身を包んだ宮古商工の選手たちが、胸を張って校歌を歌った。岩泉に6―1で下し、初の公式戦で勝利。「絶対に勝って校歌を歌うんだ、と思っていた」と話した川戸元主将(3年)が、4打数2安打4打点とチームを引っ張った。1―1の6回無死二塁から決勝の中前打。3―1の7回2死二、三塁ではだめ押しの中越え2点三塁打だ。

 宮古商と宮古工の統合により今年4月に誕生。商業校舎の部員は、放課後にバスで工業校舎のグラウンドに移動して練習している。だがコロナ禍で、4月は校舎ごとの練習を余儀なくされた。2つのチームが一緒になるため、山崎明仁監督(40)は『同心協力』というスローガンを作成。昨秋までは敵同士だった選手たちも、野球以外の話題をきっかけに仲を深めてきた。

 7回に商業でも主将だった川戸の適時打の後、工業で主将だった5番・藤村玄龍(くりゅう)捕手(3年)も左前適時打で続いた。苦労してきた“2人の主将”の一打に、指揮官は「グッときましたね…」とつぶやいた。戦うごとに絆を深め、宮古商工が県大会でも勝ち上がっていく。(広)

【広告】


ハッピーソックスで貴女も皆もハッピーに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です