24日、3歳牝馬の頂上決戦!オークス(GI)/出走馬を紹介!(サンケイスポーツ)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

藤井聡太 扇子「専心」
価格:1944円(税込、送料別) (2019/8/21時点)


出典元:63年ぶりとなる無敗の牝馬2冠制覇を目指すデアリングタクト

GI・5連戦の3戦目を迎える東京競馬場では、3歳牝馬の頂上決戦・第81回オークス(芝2400メートル)が24日に行われる。

 デアリングタクト(栗東・杉山晴紀厩舎)は前走の桜花賞で「新怪物牝馬」の誕生を思わせるレースぶりを見せた。タフな重馬場をものともせず、2歳女王レシステンシアを鮮やかに差し切り、デビューから無傷の3連勝で桜花賞最少キャリアVを決めた。13日の1週前追い切りはCWコースで6ハロン81秒4-11秒8を馬なりでマークした。激闘の疲れも癒え、仕上がりは順調のようだ。63年ぶりとなる無敗の牝馬2冠制覇へ向けて視界は良好だ。

 スイートピーSを快勝し、素質の高さを示したデゼル(栗東・友道康夫厩舎)も有力候補の一頭だ。上がり3ハロン32秒5の驚異的な切れ味は魅力的。勝てば史上7頭目の無敗のオークス馬誕生となると同時に、オークス最少キャリアVの記録を更新する。今年も別路線から樫の女王が誕生しても不思議ではない。

 桜花賞組も逆転の可能性は十分にある。逃げたスマイルカナ(美浦・高橋祥泰厩舎)は根性を見せて3着を確保した。再び、持ち前の粘り強さを発揮したい。クラヴァシュドール(栗東・中内田充正厩舎)は道中で不利がありながらも、直線では最内から脚を伸ばして4着。ハーツクライ産駒という点からも距離延長と東京へのコース替わりは問題ないだろう。5着のミヤマザクラ(栗東・藤原英昭厩舎)はノメる馬場に脚を取られて後退する場面がありながらも、能力で掲示板まで盛り返した。GIIIのクイーンCを制した東京に戻るだけでなく、距離延長は血統背景からもプラスになるはずだ。武豊騎手との新コンビで一発を狙う。6着のサンクテュエール(美浦・藤沢和雄厩舎)は前走で初めて連対を外したが、シンザン記念では牡馬を一蹴した。過去にアーモンドアイとジェンティルドンナがシンザン記念Vからオークスを勝利しており、この馬も出世が期待される。トレーナーが「折り合いがつくので距離はもつはず」と話すように、初めての距離もこなせそうだ。

 美浦・手塚貴久厩舎の3頭にもチャンスはある。サンケイスポーツ賞フローラSを制したウインマリリンが最有力か。横山武史騎手が騎乗停止のため、父の典弘騎手へと乗り替わり。その名手は1週前追い切りで手応えをつかんでいる。これまで2000メートルのレースで3勝を挙げており、2ハロンの延長もこなせそうだ。

 マルターズディオサは前走の桜花賞では8着に敗れたが、2走前のチューリップ賞で桜花賞2~4着馬を負かしている。距離への対応が鍵となるが、父キズナがダービーを制した東京の芝2400メートルの舞台で戴冠を果たせるか。

 アネモネS勝ち馬のインターミッションは桜花賞で14着に終わったが、デビューから一貫して手綱を取る石川裕紀人騎手とともに、人馬初のGI勝利を目指す。

 他には桜花賞10着と案外だったアルテミスS勝ち馬のリアアメリア(栗東・中内田充正厩舎)や、フローラS2着でブラストワンピース半妹のホウオウピースフル(美浦・大竹正博厩舎)、キャリア2戦目でGIIIのフラワーCを制したアブレイズ(栗東・池江泰寿厩舎)、昨年のオークス馬ラヴズオンリーユーと同じ忘れな草賞Vから参戦のウインマイティー(栗東・五十嵐忠男厩舎)、桜花賞12着からの巻き返しを図るクイーンC2着馬のマジックキャッスル(美浦・国枝栄厩舎)などにも注意を払いたい。

【広告】

●高単価×無料案件
●継続収入案件
●集客サポート

お手軽なマルチ案件ご用意しました(笑)
今なら180万円稼いだノウハウもプレゼント!
そろそろプチ自動収入を構築してみませんか?
VIPアフィリエイター登録

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です