時松隆光選手会長が地元・福岡の幼稚園や小・中学校にアルコール消毒液を寄贈(スポーツ報知)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:22日、アルコール消毒液を地元の小中学校に寄贈した男子ゴルフの時松隆光選手会長

男子プロゴルフのジャパンゴルフツアー選手会の時松隆光選手会長(26)=筑紫ケ丘GC=が22日、地元の福岡・那珂川市を通じて、同市内の幼稚園及び小・中学校にアルコール消毒液845本を寄付したことを発表した。

 消毒液は、新型コロナウイルス感染予防のためのもので約5500人、3つの幼稚園、小学校7校、中学校3校に寄贈されるという。

 時松は、日本ゴルフツアー機構(JGTO)を通じてコメントを発表した。以下全文。

 「選手会長という大役をいただいた初年度の今年は、経験したこともない事態にみまわれ、いちプロゴルファーとしても、何か社会のお役に立ちたいという気持ちは募るばかりでした。

 緊急事態宣言の解除に伴い、私の地元福岡県那珂川市でも、5月末から学校の授業が再開されると聞いて、少しでも安心、安全な学校生活を送ってもらいたいと、那珂川市を通じて地元の小・中学校に、消毒液を届けることに決めました。

 全国的に不足しているため845本と、中途半端な数になってしまいましたが知人の方々のお力も借りて、できる範囲で今の思いを形にさせていただきました。

 収束にはまだ時間がかかるとは思いますが、校庭にも子どもたちの笑顔が戻る日が、出来るだけ早く戻ることを祈っています」

 武末茂喜・那珂川市市長もJGTOを通じてコメントを発表した。以下全文。

「時松プロには2018年の那珂川市の広報誌で表紙と、特集2ページを飾っていただいたこともあり、憧れの存在として、市民のみなさまにも広く知られておられます。

 また今年は、男子プロの選手会長に就任されたのも、実績と共にお人柄が評価されてのこと。市長としましても、大変喜ばしく思っております。

 時松プロは、同市の小・中学校のご出身であり、常に後輩児童に対する熱い思いをお持ちです。それを、今回の寄贈という形で示してくださいました。市内の小、中学校と幼稚園は5月25日から再開、さらに6月1日からは、給食を含めた本格的な授業の再開を予定しており、全国的に消毒液の需要が高まり不足する中、時松プロのお気持ちを受け取ることができ、大変ありがたく思っております」

【広告】

娘が弾いていたピアノ。

私が弾けたらなー・・・

お任せください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です