サーフィン松田詩野「大変な状況こそポジティブに」 五輪代表維持「ホッとした」(スポーツ報知)

サーフィンで東京五輪の条件付き代表権を持つ松田詩野(17)が21日、オンライン取材に応じた。新型コロナウイルス感染拡大の影響で五輪が1年延期。確保している代表権の維持が8日に正式決定し「少しホッとした。目標を見失わず今できることに集中して、技術やメンタルを高めていきたい」と前向きに話した。

 3月中旬に遠征先のバルバドスで大会が中止になり帰国した。今は神奈川・茅ケ崎の自宅を中心にトレーニングし、時間や場所を選んで海に入る。「一日中ビーチにいてサーフィンする日常が恋しい」という。

 本来なら五輪切符が確定するワールドゲームズ(WG、エルサルバドル)に出場していた時期。海外転戦が続く時期にはできない通信制高校のリポートや英語のオンライン講座、チーズケーキなどお菓子を作ったりと普段できないことも楽しんでいる。「難しいけど、大変な状況こそポジティブにいるのって大事」と考え方も変わった。

 スポーツに打ち込んできた同世代は、夏の甲子園や高校総体が中止になり失望する人も多い。「切ない気持ちになるけど、目標を見失わず、今できることを大切に頑張ってほしい」と呼びかけた。自身も2度延期になったWGの開催時期は未定で国際大会の再開の見通しも立っていないが、五輪への思いは変わらない。「笑顔で挑んで、笑顔で終われるように」。明るさを失わずに大舞台を待つ。(大和田 佳世)

 ◆松田 詩野(まつだ・しの)2002年8月13日、神奈川・茅ケ崎市生まれ。17歳。両親の影響で小学1年からサーフィンを始め、14歳でプロ公認を受け世界を転戦。17年から2年連続WSLアジアジュニア女王。19年WGでアジア最上位の15位に入り東京五輪に条件付き内定した。趣味は映画観賞。157センチ。

【広告】

<宝島社ストア>雑誌×ブランドコラボiPhoneケース

 

人気ブランドとコラボした

iPhoneケースを販売中

 宝島社ストアだけの限定デザイン

 



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です