パナソニック新監督は仏代表ティリ・ロラン監督が兼任へ バレーボールVリーグ(スポーツ報知)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

バレーボールVリーグ男子1部・パナソニック(大阪府枚方市)の新監督に、フランス代表監督のティリ・ロラン氏(56)が就任することが21日、明らかになった。任期は4年で22日に正式発表される。パナソニックは1951年の創部以来初の外国人監督招へいとなり、Vリーグのチーム監督を海外の現役代表監督が兼任することは異例。

 ロラン氏は12年に母国フランスの代表監督に就任し、16年リオ五輪では3大会ぶり五輪出場へ導いた。東京五輪出場権も獲得済み。8月上旬に来日してパナソニックの指導を開始し、10月17日のリーグ開幕戦を迎える予定。パナソニックには現在、清水邦広、福沢達哉、深津英臣、山内晶大、久原翼、大竹壱青の日本代表6選手が在籍する。

 ◆ティリ・ロラン 1963年12月1日、フランス生まれ。56歳。フランス代表選手として88年ソウル五輪、92年バルセロナ五輪出場。引退後、母国のクラブチームやチェコ代表監督を経て12年、フランス代表監督就任。15年ヨーロッパ選手権優勝、15、17年ワールドリーグ優勝に導いた。

【広告】

レンタルサーバーなら【Z.com】

低価格なのに高速・多機能・高セキュリティ
月額400円(税別)から最大容量100GB



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です