【クイーンC】ミヤマザクラが素質馬撃破でクラシック戦線に名乗り!(サンケイスポーツ)

出典元:直線抜け出し後続の追撃を振り切って重賞初制覇のミヤマザクラ

2月15日の東京11Rで行われた第55回クイーンC(3歳オープン、牝馬、別定、GIII、芝1600メートル、14頭立て、1着賞金=3500万円)は、福永祐一騎手騎乗の2番人気ミヤマザクラ(栗東・藤原英昭厩舎)が好位を追走、直線に入ると軽快に飛ばしていたインザムービーを並ぶまもなくかわし、あとは後続の追撃を振り切ってゴール。2戦2勝のホウオウピースフルやGI2勝スワーヴリチャードの半妹ルナシオンなど素質馬を撃破し、春のクラシック戦線に名乗りをあげた。タイムは1分34秒0(良)。

 2着はマジックキャッスル(4番人気)、3着にはセイウンヴィーナス(12番人気)が入った。

 クイーンCを勝ったミヤマザクラは、父ディープインパクト、母ミスパスカリ、母の父Mr.Greeley。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬で、馬主は金子真人ホールディングス(株)。戦績は4戦2勝。重賞初勝利。クイーンCは管理する藤原英昭調教師は初勝利、騎乗した福永祐一騎手は04年ダイワエルシエーロに次いで2勝目。

【広告】

JRA重賞予想配信サービス

商品名「ザ・シークレット・ホース」

毎週レポート形式で重賞を深く考察し、

激走の可能性の高い穴馬をあぶり出します。

詳しくはこちらをクリック

↓   ↓   ↓

 

 只今特典レポート付

  1)「サルでも分かる!血統入門」

  2)「サルでも分かる!南関競馬穴の十カ条」

  3)「競馬新聞徹底比較」

  4)「サルでも分かる!血統メモ 2011秋・速報追加版」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です