【横浜C】カズ「グラシアス」イニエスタ「ドウイタシマシテ」初対面4か国語で意気投合(スポーツ報知)

出典元:壇上での取材対応で言葉を交わすイニエスタ(左)と三浦

Jリーグの開幕前の恒例イベント、キックオフカンファレンスが14日、都内で行われ、J1全18クラブの監督と代表選手が出席。13年ぶりJ1に臨む横浜CのFW三浦知良(52)は、開幕戦(23日・ノエスタ)で激突する神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(35)と初対面し、意気投合。ポルトガル語、イタリア語、スペイン語、日本語を駆使した掛け合いを披露し「スペシャルな1日にしたい」と誓い合った。

 今季の主役2人の掛け合いが壇上を包んだ。開幕カード紹介の大トリで登場したFWカズとMFイニエスタ。日本とスペインのレジェンドは初対面にもかかわらず、意気投合。夢の2ショットにイニエスタがスペイン語で「カズさんと開幕戦で戦えることは楽しみ」と言うと、

 カズ「ムーチャス グラシアス(本当にありがとう)」

 イニエスタ「ドウイタシマシテ」

 スペイン語と日本語が逆転した即興のやりとりで会場を沸かせた。話は尽きず「ポルトガル語とイタリア語をまぜて」(カズ)と耳元でささやき合い、中身は「秘密」。2人だけの内緒話に花を咲かせた。その後も「パスください」と“おねだり”したキングに対し、“魔術師”は「(味方と)間違わないようにしなきゃね」と返すなど軽妙なトークを披露した。

 続きは9日後のリーグ開幕戦へ。宮崎キャンプで左でん部を痛めたカズは別メニュー調整を続けているが、「明日にも部分合流して、できるところまでやって。来週あたりには完全合流できるように」と照準を定める。「特別な試合になる」と語ったイニエスタ同様、カズも「大事な試合。簡単にいくとは思わないが、間違いなくスペシャルな1日になる。メンバー入りして神戸行きの新幹線に乗れるようにね」と目尻を下げた。

 2人を中心にJ1全18クラブの代表選手が一堂に会した記念撮影。各クラブの選手の足元はランニングシューズだったが、キングだけが水色のスパイクを着用。「気合が入り過ぎました。皆履くと思ったんですけどね。ちょっと恥ずかしかったですね」。おちゃめに頭をかいたが、夢対決で幕を開ける35年目に懸ける思いがはっきりと伝わった。(田中 雄己)

【広告】

あなたの切手、

あなたが満足する価格で買い取ります。

不要な切手の買い取りなら

がおすすめ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です