阪神・ボーアが驚弾!逆風切り裂き右中間、底知れぬ…「80%」でこのパワー(サンケイスポーツ)

阪神春季キャンプ(13日、沖縄・宜野座)逆風、関係なし! 阪神のジャスティン・ボーア内野手(31)=前エンゼルス=が13日、3度目のシート打撃に参加。8割の力ながら風をも切り裂く、強烈なスイングで右中間へ“来日第2号″を放った。15日の広島戦(宜野座)に臨む予定。セ界を揺るがす衝撃の初陣へ-。B砲の出撃準備が整った。

 強烈な向かい風も、B砲にとっては、そよ風と同じだった。打った瞬間、スタンドインを確信する打球が、右中間の芝生席へ着弾。虎党の大歓声を背に、悠々とダイヤモンドを一周したボーアがさらにびっくり、仰天発言だ。

 「80%くらいの力なんだけど、すごくよかったね。あまり思い切り振るというのは今までやったことがないんだ。80%のちょうどいい(力)加減でホームランを打つ。きょうはいい感覚で振れたよ」

 中堅からホーム方向へ強烈な逆風が吹いていた。自身3度目のシート打撃。1打席目は四球とし、迎えた2打席目。カウント1-2から秋山の138キロ直球に反応した。快音を残し、打球は風を突き破る。「風の計算もしていたし、打った瞬間いったと思ったよ」。これでフルパワーでないとは、驚くばかり。メジャー通算92発の怪力を、遺憾なく発揮した“来日2号”だった。

 3度の実戦形式で5打数4安打2本塁打と大爆発。さらに、新たな“強み”も垣間見えた。

 これまで、外角の球を素直にはじき返す形でスタンドインを量産してきた。5日の初シート打撃での一発も外角の直球。しかし、この日秋山から放った一撃は、内角球。広島・田中スコアラーは「インサイドの反応を見たかったけど素晴らしかった。追い込まれたら、あれ(内角)を打てない外国人は多いけど、さすが」と警戒を強めた。

 この日合流したシーツ駐米スカウトも「ベリーストロング!」と興奮気味。主軸として2005年のリーグ優勝に貢献した助っ人の先輩は「4、5年間見てきたけど、パワーもあるし、打率も残せる」と太鼓判を押した。矢野監督も「追い込まれて、変化球もマークしている中で対応ができたところに価値がある」とうなずいた。

 新4番として日増しに期待が高まる中、休日は「いろいろなことを楽しむようにしているよ」と、前日12日は名護市内のビーチを観光。コンビニおにぎりが大好物だが「沖縄そばもおいしいし、しょうゆラーメンもお気に入りだよ」。日本の野球も、文化も、すんなり順応している。

 実戦形式では初となる一塁の守備にも就き、2度の守備機会も無難にこなした。15日は自身初の対外試合となる広島戦。アーチを予告しており、充実の日々を過ごす助っ人は鼻息が荒い。

 「しっかり準備はできている。少しずつ日本の練習にも慣れてきたし、特別焦ってやるのではなく、一つ一つステップを踏んでいきたいね」

 “前哨戦”で放った衝撃アーチ。セ界を揺るがすB砲が、臨戦態勢に入った。

【広告】

市場最安級の月額料金3,609円で使えて、

最大32,000円キャッシュバック! 

市場最強にお得なWiMAX2+はこちら




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です