ロッテ・佐々木朗、驚愕25球!野茂級衝撃に吉井C「あんな球見たことない」(サンケイスポーツ)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

藤井聡太 扇子「大志」
価格:1944円(税込、送料別) (2019/8/21時点)


出典元:美しいフォームで25球を投げた佐々木。そのボールに周囲は大きな衝撃を受けた (撮影・今野顕)

ロッテ春季キャンプ(13日、沖縄・石垣島)レジェンド級の衝撃だ!! ロッテのドラフト1位・佐々木朗希投手(18)=大船渡高=が13日、石垣島キャンプ最終日に初めてブルペン入りし、25球を投げた。高校球界最速の163キロを誇る右腕の“剛球デビュー”に周囲は驚愕(きょうがく)。受けた柿沼友哉捕手(26)は「体感155キロ」と証言し、吉井理人投手コーチ(54)は近鉄時代の後輩で米大リーグ、ドジャースなどで活躍した野茂英雄氏(51)に重ねた。

 無数のシャッター音とどよめき。のどかだった石垣島のブルペンが、興奮に満ち満ちた。捕手を立たせて25球。テレビカメラ9台、報道陣約50人、ファン約200人の視線が注がれる中、佐々木は長い腕から放つ剛速球で甲高いミット音を響かせた。

 「全体的には駄目だった。納得できる球はなかったです」

 周囲の騒ぎにも、佐々木はどこ吹く風。公の場でのブルペン入りは昨年9月6日、韓国でのU18W杯以来160日ぶりだったが「(心地良さは)なかった」と首を振った。

 しかし“目撃者”は一様に大きな衝撃を受けていた。「今まで受けてきた人とは違う初めての感覚です。体感で155キロくらい出ていたんじゃないかな」。声を上ずらせたのは球を受けた5年目の柿沼だ。正捕手・田村とのじゃんけんで得た大役に「前側が張りました」と左腕をさすった。

 ネット裏に陣取った首脳陣も、顔を見合わせ笑みをこぼした。井口監督は「既にナンバーワンかな、今年ブルペンを見た中で。想像より、はるかによかった」。さらに、現役時代に対戦したダルビッシュ(現カブス)や大谷(現エンゼルス)の名前を挙げ「2人とは全く違うタイプ。スピンが利いていて、捕手のミットに突き刺さるような球」と絶賛した。

 吉井投手コーチは「あんな球を投げるやつ、見たことないです」とあっけにとられた。近鉄時代の1990年、野茂英雄氏がプロ初ブルペンに入った際と重ね「野茂を見たときだけは(自分は)負けたと思いました。野茂と阿波野さん(現中日投手コーチ)は衝撃的だった」と証言。日本ハムで指導したダルビッシュや大谷を飛び越え、世紀をまたいだインパクトがあったことを明かした。

 夜には1月26日に合同練習のため先乗りした石垣島を離れ、チームとともに沖縄本島に移動。試合には出場しないが、今後も1軍の遠征に同行してブルペンでの投球練習の強度を高めていく。

 19日間の石垣島生活を終え「一度も離脱することなく、最後までやり切れた」と総括した佐々木。衝撃の25球を序章に、黄金右腕が伝説を紡ぐ。

【広告】

ましきでんち

高いバッテリー交換とは、

もうオサラバしましょう!!

大量仕入れにて実現した格安提供☆

満充電の状態で着いたその日から使用可!!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です