法大助監督に元大洋・銚子利夫氏(スポーツ報知)

出典元:銚子利夫氏

東京六大学リーグ・法大の助監督に、OBで元大洋内野手の銚子利夫氏(58)が就任したことが13日、分かった。銚子氏は千葉・市銚子から法大に進学。3年春に首位打者を獲得し、4年時は主将を務めるなど三塁手として3度のベストナインを受賞した。

 その後、83年ドラフト1位で大洋入団。93年に広島で現役引退後は、古巣・横浜(当時)で2軍コーチ、編成などを歴任し、社会人・JR東日本で守備・走塁アドバイザーも務めた。

 就任は11日付で、青木久典監督(46)は「銚子さんは野球を熟知されていて、プロでも社会人でも指導者として結果を出されている方。非常に心強いです」と話し、18年秋以来となるリーグ優勝に照準を定めた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です