【ズバッと!言いたい放題】京都記念&共同通信杯(サンケイスポーツ)

出典元:共同通信杯に出走予定のマイラプソディ

しの 今週は東京で3歳重賞。例年同様に少頭数ですが、クラシックの蹄音は確実に近づいていますね。

 大王 3戦無敗のマイラプソディが初東上する。阪神の野路菊Sは5馬身差、京都2歳Sは2馬身差の圧勝。4戦4勝とすれば、ホープフルS馬コントレイルと朝日杯FS馬サリオスに堂々と挑戦状を叩きつけることができる。

 水谷 友道さんは「エンジンのかかりが遅いので東京は合う。イレ込まないので長距離輸送も大丈夫」やて。

 しの 気になるのは、前走のラスト1Fが12秒6だったこと。同じ条件では開催中で最も遅くて、強く見えたのはユタカマジックの+α? とにかく成長途上の部分はまだ大きいかしら。

 大王 東の期待はダーリントンホール。葉牡丹賞は3着と1番人気を裏切ったけど、調整過程に狂いがあった。ポテンシャルは高いから巻き返しは必至だろう。

 東京サンスポ・千葉 けいこに跨がったルメール騎手は、「折り合い良くフットワークも反応も良かった。コントロールも問題ない」と。

 しの ココロノトウダイの母フェアリーダンスはトゥザヴィクトリーの半妹。血統どおりセンスあるレースぶりで連勝しています。あとは初の中央場所がどうかね。

 水谷 前走は着差以上にレベルが高かったで。ここでも通用する下地はあるやろ。

 大王 良血ならフィリオアレグロはサトノクラウンの半弟。東京でのV経験は大きなアドバンテージになる。

 しの ビターエンダーも侮れないわ。京成杯はずっと包まれていたし、直線で内に切れ込んだりとスムーズさを欠きながら4着。未勝利勝ちの東京なら見直せます。

 大王 川崎から参戦するエンはダートで圧倒的なスピードを見せている。南半球産だから54キロで戦えるのはいいね。

 しの 穴はシングンオペラ産駒のシングンバズーカね。しまいの脚はいいし、走りっぷりから父同様にかなりの道悪巧者という気がします。

 大王 京都は古馬のGII。実力牝馬2頭に人気が集まりそうだ。

 東京サンスポ・柴田 カレンブーケドールのけいこは意欲的に3頭併せの真ん中へ。プレッシャーのかかる状況のなかでしっかりと伸びていた。同じ久々でも紫苑Sのときより良さそう。53キロの斤量も味方しそう。

 しの クロノジェネシスは休み明けから動けるタイプ。バゴ産駒だから雨予報も大丈夫ね。

 大王 ボクは同じ舞台の京都新聞杯を勝っているステイフーリッシュ。昨年の京都記念はクビ差2着で、11Fは【1・2・0・0】と相性抜群だ。

 水谷 しかし2月とは思えないような天候やな。こうも暖かいと還暦目前の身に変調をきたしそうでよろしくない。

 しの 天候より、0・1トンの体のほうが健康には悪いですよ。

 水谷 ん? こう見えてもかなり健康やで。

 しの 還暦過ぎたらこたえますよ、きっと。(夕刊フジ)

【広告】

あなたの切手、

あなたが満足する価格で買い取ります。

不要な切手の買い取りなら

がおすすめ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です