【オリックス】震災から25年 95年リーグV時の復刻ユニ着用で24年ぶり優勝へ(スポーツ報知)

出典元:イチローも着用した「がんばろう神戸」のロゴが入ったユニホーム

阪神・淡路大震災から25年となる17日、オリックスは、ほっともっとフィールド神戸で開催する今季の公式戦全8試合を対象に「THANKS KOBE~がんばろうKOBE 25th~」と銘打ち監督、コーチ、選手全員がリーグ優勝を果たしたブルーウェーブ当時の1995年の復刻ホームユニホームを着用することを発表した。全8試合の日程は3月28、29日(対西武)、6月19、20日(対ロッテ)、7月17、18日(対楽天)、9月8、9日(対楽天)。

 節目の年に、あのキャッチフレーズがよみがえる。25年前の1月17日、当時の本拠地だった神戸を大地震が襲った。この年、チームは「がんばろうKOBE」の合言葉のもと、神戸市民への思いを胸に奮闘してリーグ優勝を達成。翌年にはリーグ連覇から、日本一へと輝き復興のシンボルとなった。

 以来23年優勝から遠ざかっており、昨季は屈辱のリーグ最下位。震災とリーグVから25年、そして球団としては神戸移転から30年となる節目のシーズンに、震災の風化を防ぎ、神戸市の引き続きの復興を願うとともに、チームの反攻も期して「がんばろうKOBE」と記した当時のワッペンの入った復刻ユニで“地元”に凱旋する。

 この日、大阪・舞洲の球団施設では福良淳一GMや田口壮野手総合兼打撃コーチら首脳陣や球団職員、合同自主トレ中の選手ら約80人が、阪神・淡路大震災の犠牲者を悼み、神戸の方角を向いて正午から1分間の黙とうを捧げた。

 95、96年当時の主力だった田口コーチは「25年が長いのか、短いのかはすごく考えさせられます。復興してきている部分もあるが、まだその途中というところもある。災害に終わりはないのだな、というのも見えてきています。(95、96年の)当時は市民とお互いに励まし合い、すごくファンに力をもらい、後押しを受けて、それが結果に出たんだなと実感しました。僕にとって、すごく思い入れのあるユニホーム。あのユニホームを着ることで気持ちが引き締まってくるし、もう1回、ファンの皆さんと戦える思いになると思います。強かった時代を思い出してもらうためにも、勝たないといけないですよね」。決して忘れることのできない節目の日に、改めてシーズンでの巻き返しへ意欲を燃やした。

【広告】

レンタルサーバーなら【Z.com

低価格なのに高速・多機能・高セキュリティ

月額400円(税別)から最大容量100GB



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です