【日経新春杯】厩舎の話(サンケイスポーツ)

◆エーティーラッセン・木原師 「年末から乗り込んで仕上がりはいい。格上挑戦でも自分の競馬をするだけ」

 ◆サイモンラムセス・梅田智師 「骨りゅうの影響で休養が長引いた。ハナにこだわらない競馬で次につながれば」

 ◆スズカディープ・橋田師 「攻めの動きは良かった。休み明けで体が増えているのもいい。軽ハンデでどこまで」

 ◆タイセイトレイル・久保助手 「まだ太いかという感じだったので併せ馬でビッシリ。いい馬場でやりたい」

 ◆プリンスオブペスカ・松永昌師 「中1週で順調に調整できているが、前走以上に相手も強くなるからね」

 ◆マスターコード・吉村師 「前走後も厩舎で順調に調整。格上挑戦ですが、京都の芝2400メートルは一番合うと思う」

 ◆モズベッロ・森田師 「走るフォームは良くなってきている。条件的にもいいと思います」

 ◆レッドレオン・小滝助手 「休み明け2走目でまだフレッシュ。今の京都の馬場は合いそう」

 ◆ロードヴァンドール・太宰騎手 「前走と変わらない状態で出られそう。自分で動ける位置を取れれば」

【広告】

JRA重賞予想配信サービス

商品名「ザ・シークレット・ホース」

毎週レポート形式で重賞を深く考察し、

激走の可能性の高い穴馬をあぶり出します。

詳しくはこちらをクリック

↓   ↓   ↓

 

 只今特典レポート付

  1)「サルでも分かる!血統入門」

  2)「サルでも分かる!南関競馬穴の十カ条」

  3)「競馬新聞徹底比較」

  4)「サルでも分かる!血統メモ 2011秋・速報追加版」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です