阪神電鉄が掛布氏と再契約、藤原オーナー「野球に情熱持っておられる」(サンケイスポーツ)

阪神でオーナー付シニア・エグゼクティブ・アドバイザー(SEA)を務め、球団から10月31日に任期満了での退団が発表されていた掛布雅之氏(64)が、球団の親会社の阪神電鉄と再契約することが4日、わかった。大阪市内の電鉄本社で取材に応じた藤原崇起オーナー(67)=電鉄本社会長=が明らかにした。

 「野球に対して情熱を持っておられてね。いろいろなことをわかりやすく話をされる。みんなが『面白いな』と思っていただく、そういうふうな仕事で何か、できないかというご相談はさせていただいています」

 今季限りでの退団が決まっていたミスタータイガースだったが、就任1年目だった総帥はその話術に心酔。球団との契約は満了で一度は退団したが、オーナーが自ら再び手をさしのべることになった。

 掛布氏は2013年、25年ぶりにGM付育成&打撃コーディネーターとして虎に復帰。16、17年には2軍監督としてユニホームを着た。退任後はSEAとして2年間球団に籍を置いていた。

 藤原オーナーは「まだきっちりとは、どういうふうなことというのはないんですけど」と説明し、肩書や職務内容はまだ未定。来季の開幕に向けて詳細を詰めていくことになる。野球の醍醐味を伝える虎の伝道師として活動することになりそうだ。

【広告】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です