【巨人】小林誠司、ソフト・甲斐とのキャノン対決に闘志 盗塁阻止「自分を楽にする」(スポーツ報知)

出典元:キャッチボールする小林。日本シリーズで強肩を見せつける

巨人の小林誠司捕手(30)が15日、ソフトバンク・甲斐との強肩頂上対決に闘志を燃やした。甲斐は昨年、日本シリーズ記録の6連続盗塁阻止で広島の機動力を封じ、日本シリーズMVPに輝いた。小林は「甲斐はハンドリングがうまいし、高い技術がある。捕ってからも早い。ああいう形で注目されてすごいと思いました」とライバルの力を認めつつ、「(盗塁阻止は)チームにとっても大きいし、自分を楽にすることにもつながる」と腕まくりした。

【写真】小林誠司、キャノン炸裂の瞬間!

 今季の小林の盗塁阻止率は、12球団唯一の4割台となる4割1分9厘だった。古田(元ヤクルト)以来となる4年連続盗塁阻止率1位で、「甲斐キャノン」に負けない“破壊力”がある。「僕なんかまだまだです」と謙遜するが、17年WBCでの大活躍など、大舞台になればなるほど強い輝きを放つのが小林という男。7年ぶり日本一へ、その右肩に期待せずにはいられない。

【広告】

カー用品【ユアーズ直販サイト】

超簡単取り付け一体型HIDキット新発売

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です