ドラフト候補・郡司けん引!慶大、開幕6連勝で勝ち点3首位/東京六大学(サンケイスポーツ)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

藤井聡太 扇子「大志」
価格:1944円(税込、送料別) (2019/8/21時点)


出典元:慶大・郡司裕也捕手は、法大2回戦で三走を本塁でタッチし、完璧さに「アウト!」と声を出した(撮影・赤堀宏幸)

東京六大学野球秋季リーグ第5週第2日(15日、神宮)2回戦2試合が行われ、慶大は三回に今秋のドラフト候補、郡司裕也捕手(4年)が先制打を放つなど、法大を3-1で破り、開幕6連勝で勝ち点3の首位に立った。立大は東大を6-0で下し、2連勝で勝ち点1。8連敗の東大は最下位が確定した。

 今秋のドラフト候補、郡司が三回に先制の中前適時打、九回は3点目の押し出し四球を選び、捕手としては6投手を好リードで開幕6連勝に導いた。大学日本代表でリード、打撃面ではトップクラス。運命のドラフト会議は17日だが、「次(19日の明大戦)は、ドラフト1位の森下が向かってくる。負けないようにしないと」とチームの3季ぶり優勝に気を引き締めた。

【広告】

新規申込みで

70,000円キャッシュバック


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です