札幌山の手高出身の京産大主将・伊藤鐘平、憧れ先輩・リーチと同じ東芝入り(スポーツ報知)

zeroUV

アメリカ・カリフォルニア発祥の

大人気サングラスショップ

出典元:大学界屈指のロックとして活躍する札幌山の手高出身の伊藤(中央)

関西大学ラグビーの強豪・京産大の主将で札幌山の手高出身のロック伊藤鐘平(4年)が来春、トップリーグの東芝入りすることが8日、分かった。

 あこがれの先輩を追う。東芝には高校の先輩で、現在開催中のW杯でも活躍する日本代表主将のリーチ・マイケル(31)が在籍。過去日本選手権6度優勝の強豪チーム入りが内定した伊藤は「W杯の日本代表戦をテレビ観戦し、先頭に立ち体を張り続けるリーチ先輩に感動している。卒業後、一緒にプレーするのが夢だったし、希望が叶ってうれしい」と喜んだ。

 兵庫出身。現・京産大コーチの兄・鐘史さん(38)も元選手で、2015年W杯では日本代表でプレー。伊藤は中学時代、兄が出場した日本代表の試合を観戦した際、リーチの大活躍に感激。その母校である札幌山の手へ進学を決意。高校ではロックで主将も務めチームをけん引した。

 京産大入学後も1年生から189センチの長身を生かしFWの中心を務め、全国大学選手権でも2度の8強入り(1、2年)。2年でU20日本代表にも選ばれた。今季はFW陣のパワーアップ目指し、お米を朝800グラム、夜1キロ食べる“食トレ”などで、体重は入学時から13キロ増加、103キロまで育った。故障のため関西大学リーグ前半戦(2勝1敗)は欠場したが、11月4日の再開から復帰予定。「リーグ戦、大学選手権優勝が目標。東芝ではリーチ先輩と一緒に日本代表に入り、次のW杯に出場したい」と目を輝かせた。(小林 聖孝)

 ◆伊藤 鐘平(いとう・しょうへい) 1997年5月1日、神戸市生まれ。22歳。ラグビーは小学2年、神戸中央少年クラブで始めた。3年から中学3年までは野球と掛け持ち。札幌山の手高では1、2年で花園出場。3年で高校日本代表候補。50メートル走6秒4。家族は母と兄、姉2人。189センチ、103キロ。血液型A。

【広告】

気になる高めの血圧に

理研ビタミン 



理研ビタミンが発見した、

わかめ由来の機能性関与成分が

高めの血圧に働きかけます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です