【大迫不在どう乗り切る?種村記者が提案】絶好調・南野の得点力買い…新BIG3と久保の共存可能(スポーツ報知)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

藤井聡太 扇子「大志」
価格:1944円(税込、送料別) (2019/8/21時点)


出典元:種村の提案

◆W杯アジア2次予選 日本―モンゴル(10日、埼玉スタジアム)

 サッカー日本代表は8日、22年カタールW杯アジア2次予選モンゴル戦(10日・埼玉)、タジキスタン戦(15日・ドゥシャンベ)に向けた合宿2日目をさいたま市内で行った。FW大迫勇也(29)=ブレーメン=不在で臨む2試合を前に、日本代表担当の3人が森保ジャパン最大のテーマ解消法を提言する。

 大迫不在だからこそ試してほしいのが「南野1トップ・久保トップ下」だ。理由は南野の絶好調ぶりに尽きる。所属するザルツブルクでは今季、開幕から2試合連続ゴールを挙げるなどリーグ戦7試合に出場し4得点。欧州CL1次リーグでは、昨季王者のリバプールから1ゴール1アシストを決め世界にアピールした。日本代表でも9月のパラグアイ戦、ミャンマー戦と2戦連発中。「自分でも好調を維持できていると思う」と乗りに乗っている今、本来のトップ下よりゴールに近い位置で非凡な得点能力を発揮してくれるはずだ。

 この布陣ならポジションが重なっていた久保と、中島、堂安ら「新BIG3」との共存が可能となる。高さには不安を残すものの、成熟を深めつつある3人の連係に久保が絡むことができれば、カルテットとして魅力十分のオプションになり得る。(種村 亮)

【広告】

最大55,000円も

お得!





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です