【巨人】亀井、右前安打で一塁送球…糸井オーバーランから戻れずタッチアウト(スポーツ報知)

出典元:6回無死、右前安打を前進して捕球した右翼手・亀井は素早い送球で、オーバーランした糸井をアウトにする

◆阪神―巨人(10日・甲子園)

 巨人の亀井善行外野手(36)が相手のスキをつく好守備をみせた。

 4―0の6回、先頭の糸井が詰まりながら右前打。右翼手の亀井は通常ならカットマンの二塁手に返球するところ、意表をついて一塁に送球した。

 二塁を狙う訳でもなく、何気なくオーバーランしていた糸井は、慌てて一塁にヘッドスライディングで帰塁しようとするも、タッチアウト。相手の走塁の凡ミスを誘う亀井の好守備で、無死一塁となるところが1死走者なしとなるビッグプレーだった。

【広告】

レンタルサーバーなら【Z.com】

低価格なのに高速・多機能・高セキュリティ
月額400円(税別)から最大容量100GB



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です