どっちが勝者? 戸澤とグラックがまさかのダブルフォール…WWE「205Live」(スポーツ報知)

出典元:レフェリーが2人の勝者の手を挙げた(C)2019 WWE, Inc. All Rights Reserved.

WWEの「205Live」が配信され、戸澤陽がクルーザー級王座挑戦権をかけてドリュー・グラッグ、ウンベルト・カリーヨ、オニー・ローカンと対戦したフェイタル4ウェイ戦で、ダブルフォールの珍事があった。

【写真】アントニオ猪木「延命治療はしない」

 王座挑戦権を獲得していた戸澤がグラックに敗戦したため、GM判断で行われることになったフェイタル4ウェイ戦は白熱の攻防を展開。試合序盤、負けられない戸澤はカリーヨとローカンを投げ飛ばすと、グラックには騙し討ちジャブから顔面にキックを食らわして攻撃。さらに戸澤はグラックをフォールするローカンにダイビング・セントーン、続けてエプロンから走り込んだトペ・コンヒーロをグラックに放つと会場からは“205”チャントが巻き起こった。しかし、試合終盤に戸澤はコーナートップの攻防でグラックにスーパープレックスを決められると、戸澤とグラックはなんと2人同時にピンフォール。レフェリーは3カウントしてゴングを鳴らすも、2人が勝利を主張して決着付かず。PPV「ストンピング・グラウンズ」での王座挑戦をかけた戸澤とグラックの因縁はさらに激化した。

【広告】

レンタルサーバーなら【Z.com】

低価格なのに高速・多機能・高セキュリティ
月額400円(税別)から最大容量100GB



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です