無傷3連勝でプリンシパルS制したザダル、ダービー見送り…脚元に疲れ 大竹師「無理はできない」(サンケイスポーツ)

出典元:プリンシパルSを制したザダル

プリンシパルSで無傷の3連勝を飾ったザダル(美・大竹、牡)が、出走権を得たダービーへの参戦を見送ることが15日に決まった。

 所属するキャロットファームのホームページによると、念のため行ったエコー検査で、脚元の疲れの一種が見られたもよう。大竹調教師は「ダービーは特別な舞台ではありますが、このような状態であることが分かった以上、この馬の将来を守るためにも無理はできない」とコメントしている。しばらく様子を見た後に放牧に出される。

【広告】

プロアスリートも愛用


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です