遼が第2Rに首位浮上/国内男子(サンケイスポーツ)

SMBCシンガポール・オープン第3日(20日、シンガポール・セントーサGC=7398ヤード、パー71)アジアツアーと共催の日本ツアー開幕戦。前日順延となった第2ラウンド(R)の残りが行われ、石川遼(26)=CASIO=が通算7アンダーで首位に並んで決勝Rに進んだ。

 石川は前半9番(パー4)の第2打から再開し、このホールで7メートルを沈めるなど4つのバーディーを奪い、第2Rを8バーディー、1ボギー、1ダブルボギーの66で回った。同組の昨年のマスターズ覇者、セルヒオ・ガルシア(38)=スペイン=は70で回り、通算6アンダーの3位。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です